法の下の不平等
日本国民の怒りの広場
法の信頼を揺るがす事件。 冤罪はいつも起きている。 あなたは,大丈夫か? あなたは安心して毎日を過せるか?

法の女神テミス(Themis) 
kamuynet所有  郵便不正事件って,なに?     
検察の証拠改竄,証拠隠蔽は,この事件が初めてではない。 過去に岐阜地検でも起きていることなのだ。 だから,驚きはない。(参考文献) 
この事件によって,検察官の不正行為が今でも続いていることが明らかとなった。 明日は,誰かが冤罪で陥れられる恐れがある。

検察に不正行為があると知り得ながら,故意に黙認し,検察に有利な判決をするバカ者裁判官も東海地方に存在する。 
こんな悪の司法官憲によって裁判所で裁かれるのだから,国民は安心できるはずがないことを法務大臣は認識すべきである。 

このあこぎな事件を参考にし,国民は極悪司法官憲から,自分の身は自分で守るしかないのかもしれない。 
忘れるな。 出世目的で冤罪の国民を裁き,国から多額の給与をせしめるバカ公務員が存在するということを・・・
引用文献  yahoojapan  毎日新聞